やはりお医者さんに相談も

腰痛の原因には、神経の働きもあるようです。
神経の腰痛対策とはどうすればいいのか、ちょっと途方に暮れてしまいますが、それほど難しい物ではありませんでした。

腰痛発生のメカニズムとしては、まず腰痛の患部から、腰が痛い、という信号が発生します。
その情報は、神経細胞を使って脊髄へ向かい、脊髄を駆け抜けやがて脳へとたどり着きます。
それで私も、ああ、腰が痛いんだなあ、と認識するわけです。

腰が痛い、という信号が脳まで行く際、この信号は交感神経を刺激します。
交感神経とは、内臓や血管をコントロールしている神経です。
自分の意志では交感神経をコントロールすることができません。
痛みの信号で刺激された交感神経は、患部周りの血管の収縮を起こしたり、筋肉を緊張させてしまいます。
その結果、患部周りの筋肉がさらに固まってしまい、腰痛はさらに悪化してしまうんです。
悪化した結果さらなる痛みが出てしまいますよね。
その痛みで交感神経はさらに張り切って働き、さらに筋肉は収縮してしまい、と。

どうでしょうか?
まさに負のスパイラルですね。
実際の痛みよりもさらに追加された痛みが発生しているとは、なんともはた迷惑な……。
しかし、痛みと言うのは体が発する危険信号であり、危ないよ、と知らしめる為にはこれくらいの方がいいのかもしれません。

腰痛にはさまざまな原因があります。
姿勢の悪さや過度な運動、はたまた筋肉の老化、などなど・・・。
主な原因をまとめたサイトを紹介します。
タケダ健康サイト 症状別対策BOOK 腰痛の原因

原因がわかってしまえば対策も考えやすいと思います。
まずは腰痛そのものの痛みを緩和、解消してしまえばいいんです。

一時的に痛みをおさめたい場合はマッサージ等が有効です。
痛みが緩和され、その結果、交感神経が起こしていた血管の収縮や患部の緊張もほぐれていきます。

しかし、やはり根本的に対策をしていくなら、定期的なストレッチや運動などで体を変えていくべきだと思います。
定期的に運動をして、腰回りの筋肉を鍛えてやることが一番の対策だと思います。
腰の痛みが弱くなっていけば、交感神経も仕事をさぼり始め、痛みもどんどん緩和されていきます。
ただしストレッチや運動等は、ある程度腰の痛みが治まってからにしてください。
痛みが激しいときは、とにかく安静にすることが重要です。

そして一番重要なのは、症状がひどい場合や、運動しても全く良くならない、と言う場合は、まずはお医者さんに相談してみること。
腰の痛みと言っても様々な症状や原因がありますので、もしかしたら手術等が必要な程悪い状態かもしれません。

私の場合は引っ越した際、いままで通院していた病院を変えざるを得なくなり、新しい病院に行くことになりました。
まあいままでも常に通院していたわけではなく、症状が出たら病院へ、という生活でしたが、それでも年に2度位は通っていたでしょうか。
引っ越し後一発目に発症したのは、確か本の入った段ボールを動かした際だと思います。
それほどひどくはなかったのですが、あー、やっちまった、ということで引っ越し荷物の開梱ペースは一気にダウン。
翌日に病院へ向かいました。

一通り説明して、見てもらったあとでけん引治療をされました。
この治療方法は知っていましたが、されたのは初体験です。
まあ背骨が押しつぶされた状態になるのだから引っ張るのは理にかなっているのだろう、と思いつつ機械に身を任せていました。
なかなか気持ちよかったのを覚えています。

治療後、先生に再発防止について詳しく説明されまして、それが非常に参考になり、以降再発することもめっきり少なくなりました。
その方法とは、まず重い物を持ち上げる時は腕だけで持ち上げることをやめること。
しゃがみこんで荷物を胸に当てて、抱えてながら足や腰を伸ばす形で持ち上げること。
一度実際にやってみていただきたいのですが、床に置いてある荷物を持ち上げる際、足を延ばした状態で腕だけで持ち上げてみてください。
その姿勢は、腰にかかる負担が大きくなるそうです。
重い物を持ち上げる時は、なるべく腰に負担のかからない方法で持ち上げるように、と言われました。
なるほど論理的でわかりやすい。

次に、一気に持ち上げることをやめること。
例えば「せーのーで!」のように勢いをつけて持ち上げると、一気に腰に負担がかかるそうです。
病院に来る方もこういうので腰を壊す方が多いとか。
皆さんも心当たりがあるのではないでしょうか。
私は大いにあります。
なるべくゆっくりと持ち上げることが大事だそうです。
しかし勢いをつけて持ち上げた方が持ち上げやすいのも確かです。
その場合は声を出して持ち上げた方がよいそうです。