日常でできる予防措置

日常生活で重い物を持ち上げる際にちょっと意識することで、ぎっくり腰とは随分と疎遠になりました。
それでも油断をすると再発するよ、ということで、今度は予防のために頑張ることにしたんです。

まず言われたのが筋肉をつけてください、でした。
腰や背中の筋肉をつけることで背骨の負担を減らす、というのが目的だそうです。
腹筋や背筋が効果ありますが、そんなの続かないよ、という方も、私を含めて多いと思います。
ならば一駅歩く、ということから初めてはいかがでしょうか?
私も会社帰りに一駅、15分程ですが歩くようにしています。
せっかく歩くのだから効果のあるように、ということでネットで調べたウォーキングの姿勢で。
背中を延ばして腕を振り。
これだけでも随分違うようです。
ぎっくり腰予防で歩き始めましたが、うれしい副作用として、少しやせてきました。
ウエストやお尻のあたりが締まってきているようです。

次にストレッチ。
可動範囲を広く、筋肉を柔らかくすることでぎっくり腰になりにくい身体になるようです。
屈伸などで足を延ばす、仰向けに背中をつけて寝て、下半身だけ回転させる、等が効きます。
これなら寝る前の少しの時間でもできますのでぜひやってみてください。

最初にぎっくり腰をやった時、お医者さんからコルセットをもらいました。
かっこよかったので使っていたのですが、新しいお医者さんはあまり使わない方がいいよ、と言われました。
どうもお医者さんによって変わるようで、ちょっと調べてみました。

コルセットはした方いいよ派のお医者さんの主張としては、こういった物があります。
まず、動きを制限させることで痛みを出さないようにする。
これはよくわかりますね。
腰をひねると痛い、前屈みになると痛い、と言うことが多く、コルセットをすると制限されるので痛みが出にくくなります。
次に、圧を上げることで関節の安定を上げる。
関節を安定させることで筋肉に力が入りやすくなり、背骨の負担が減るようです。
また、腹圧を上げることで腰を安定させて、早く治るようにする、という効果もあるようです。

しない方がいいよ派のお医者さんの主張としては、筋肉が弱くなるので腰に負担がかかる、と言うもの。
なるほど、ぎっくり腰発症時はつけておいて安定させて痛みを減らし、落ち着いてきたら外して筋肉が弱くなるのを防ぐ、という使い方がいいようです。

ぎっくり腰になった場合は、無理せずにコルセットにも頼った方が楽になりそうですね。
でもずっとつけっぱなし、はあまりしない方がいいようです。